更新日
令和3年11月29日
あおぞらメニュー
新聞販売店
お役立ちメニュー
近藤新聞店
本店:
〒486-0958
春日井市西本町1-5-16
TEL:(0568)31-3333
FAX:(0568)31-3390

稲口支店:
春日井市稲口町2-11-1
TEL:(0568)34-5621

本サイトに掲載の
すべての内容の
無断転載を禁じます


info@ajiyoshi-aozora.com
カウンター
累計 :
本日 昨日:

あおぞら歳時記 : 秋茄子
掲載日時: 2021-9-27 6:00:00 (8 ヒット)
あおぞら歳時記

 茄子のおいしい季節になりました。
 茄子という野菜は、奈良時代に中国から伝わってきたといいます。二〇〇〇年もの長い間、日本人の食卓で愛されてきたのですね。
 皆さんの中に「ナスビ」と発音している人もあると思います。室町時代には、ナスビを女房たちは「オナス」と変化させました。女房たちはたとえば「オデン」とか「オタマ」とか言う女房言葉も数多く生んできました。江戸時代になりますと、「なす」という言葉が一般的になってきました。 
 「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉もあります。これはどんな意味でしょう。秋茄子はおいしいので、嫁には食べさせるなと、意地悪なしゅうとめ姑の言葉と言われたり「秋茄子は水分が多いので、嫁に食べさせると、腹が冷えて赤ちゃんが産まれない」と真逆な二つの解釈があるのも、おもしろいですね。
 「茄子の花と親の意見は千に一つのあだ仇はない」ともいいます。茄子の花が咲いたら必ず実を結ぶという例えであります。茄子を「な成す」に通じるとして、縁起のいい食べ物として珍重されました。



Copyright(C) 2004 by Kondou Sinbun-ten info@ajiyoshi-aozora.com