更新日
令和2年8月31日
あおぞらメニュー
新聞販売店
お役立ちメニュー
近藤新聞店
本店:
〒486-0958
春日井市西本町1-5-16
TEL:(0568)31-3333
FAX:(0568)31-3390

稲口支店:
春日井市稲口町2-11-1
TEL:(0568)34-5621

本サイトに掲載の
すべての内容の
無断転載を禁じます


info@ajiyoshi-aozora.com
カウンター
累計 :
本日 昨日:

あおぞら歳時記 :  九月の月
掲載日時: 2020-8-31 6:00:00 (1 ヒット)
あおぞら歳時記

   
 昔の人は、お花見とお月見が心ときめく最高の楽しみであったようです。とりわけ秋のお月見はロマンチックな叙情でありました。
 九月の月を「中秋の名月」と言い「月見る月は多けれど月見るは月はこの月の月」と詠われます。
 九月のことを「名残月」という言い方があります。あの人の面影を何度も振り返り思い出すのです。
 「待宵」という言葉もあります。「あの人はまだ来ぬか。まだ来ぬか」と待ち続ける切ない女心。
 澄み切った夜空に満月が輝きます。この美しい満月を鏡になぞられて「真澄鏡」と呼びます。
 昔の人はこんなに純情でありました。
 九月のことを「長月」と言います。夏至が過ぎると夜が次第に長くなり、物思いにふける季節になります。
 今現在、若い人、想う人のある人、そんな人と別れてしまった人、昔、若かった人、夜空を眺めながら、少しだけロマンチックな夢をみてみませんか。



Copyright(C) 2004 by Kondou Sinbun-ten info@ajiyoshi-aozora.com